私、アークがいろいろと書いていくブログです。

2009/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仮面ライダーWで、翔太郎が飲むコーヒーはブラックなのかな?と勝手に思っている私は変ですか?(挨拶)

ハードボイルド小説で欠かせないモノといえば、コーヒー。
コーヒーについて知りたくなったので、ウィキを見ました。

ウィキ コーヒー

ビターコーヒーが有るのかな?って思っていましたが、バリエーションとしてのビターコーヒーはありませんでした。
(ブラックコーヒーはありました。)
その代わり、商品としてのビターコーヒーはありました。

ダブルビターコーヒー

ダブルビターコーヒー

ひょっとしたら、翔太郎が飲んでいるコーヒーはこれかもしれない・・・ダブルだけに!

まあ、それは冗談ですが、ブラックコーヒーに似たバリエーションとして、アメリカンコーヒーがあるそうです。

ウィキ アメリカンコーヒー

>>通常は砂糖、ミルクなどを入れずブラックで飲む。(ウィキ コーヒーの項目よりアメリカンコーヒーについて)

>>浅煎りのため、苦味よりも酸味が強いのが特色である。(ウィキ アメリカンコーヒーより)

翔太郎の飲むコーヒーの味のイメージとしてはこちらかと。
報告書の口調のイメージからして(完全にハッピーエンドではないけれど、でも未来を信じている)、ハードボイルドの味を象徴しているのかなと。
甘くないけれど、でも優しさはある。そんな感じです。






コーヒーサイフォン


エスプレッソ(コーヒーの一種)

これらも、コーヒーといえば出てくる物です。
コーヒーって、奥がふかいものですね。
スポンサーサイト
引っ張りが肝心とときます。
その心は・・・

荷物を運ぶのはトレーラーの役目!


ダジャレです。(笑)
予告編とは、英語でトレーラー(trailer)というそうです。

  トレーラー(trailer)

1 引きずる人[もの], あとについていく人[もの]  追跡者

2 つる草

3  (自動車などの)トレーラー
   (車で引く)移動住宅,ハウストレーラー (《英》 caravan)<アメリカでの意味>

4 (映画・テレビ番組などの)予告編


trailerの意味

ウィキ 予告編

予告編は、引っ張るのがうまい作りをしておられるます。
なるほど、トレーラーと呼ばれるわけだ!

木曜洋画劇場の予告CMはグッド!です。
仮面ライダーディケイドで知ったトイカメラ。
英語で書くと、Toy Cameraですが、Toyについて改めて調べなおしました。

toy

この場合、形容詞としてのToyなので、意味としては「おもちゃの、小型の、模型の」にあたります。
日本語で訳した場合、もっとも自然(おかしさがないという意味で)なのは小型のカメラです。
模型のカメラ、おもちゃのカメラとして訳した場合、カメラとしては全く使えないものになってしまうからです。

ウィキ トイカメラ

トイカメラとは安価で小さいけれど、れっきとしたカメラ。
ディケイドの世界で欠かせない小道具として、物語を彩ってくれました。
劇場版が楽しみです。
(もちろん、これからのシリーズもですが。)
侍戦隊シンケンジャーを見て、ずっと気になっていたことです。
シンケンジャーの1人にして、新規加入メンバー(新しく誕生した6人目の侍)であるシンケンゴールドこと梅盛源太(うめもり げんた)。
彼は侍として悪の軍団外道衆(げどうしゅう)として戦っていますが、平和な時にはゴールド寿司の主として握り寿司を作り売っております。
そのゴールド寿司は、皆様が想像するような御店ではなく、屋台(リヤカーを改造した)なのです。
劇中では、その珍しさからグルメ雑誌に載った程です。(味は平凡との事だそうです・・・。)

寿司屋と言えば、歴史ある御店(いわゆる江戸前寿司のような板前さんが直接作ってくれる御寿司)や回転寿司、御弁当のようにセットで作られた御寿司を販売する御店(もちろん、出来たての新鮮です!)を販売する御店のイメージがありますが、屋台での御店は本当に実在していたのか、私はそのことが気になっていました。

ウィキ 屋台

ブログ もりたたろべえ  江戸時代の屋台さまざま

もりたたろべえに、江戸時代の屋台の風景の絵が載っています。
本来の意味での屋台(江戸時代の頃の)とは、小さな御店(プレハブのような感じ)だったそうです。
御寿司の屋台も決して珍しいものではなかったようです。
港がすぐ近くにある場所でのみ、営業が行われていましたが。(ネタを仕入れる都合の上で。)

まとめますと、屋台の寿司屋は江戸時代にあった、ただしプレハブ住宅のようなお店(テントのように簡単に分解、作成できる位のサイズ)で、材料を仕入れる都合により港がある場所でのみ営業されていたということです。

まあ、ゴールド寿司は、本当に珍しい御店ですが・・・リアカーを改造した屋台ですし。
まさに、新しい時代の屋台ということで、御一つ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。