私、アークがいろいろと書いていくブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビやビデオで連続放送・展開されたアニメ、特撮作品の劇場版についてです。
大まかに分けると、次の2つになります。

1:総集編型(これまでの物語を、2時間にまとめたもの)

2:オリジナルエピソード型(劇場のみのオリジナルストーリー、本編とは繋がらない物語になっている場合が多い。)

  1の場合

例としてあげると、機動戦士ガンダム(劇場版3部作)、リリカルなのは1st。
おおまかな物語展開は、テレビ(ビデオ作品も含めて)とほぼ同じですが、新しいシーンやキャラクターを追加(逆に削除した場合もありますが)する場合があります。

一言で申すなら、別の角度から物語を見なおしたという作品です。

*本当の最終回を付け加えた作品もここに入ります。伝説巨神イデオン(全2部作)、宇宙戦士バルディオス、新機動戦記ガンダムW(ウィング)エンドレスワルツ特別編。

また、別の角度から物語を見なおしたという意味では、機動戦士Z(ゼータ)ガンダム3部作(TVと異なる結末)、劇場版銀魂(ぎんたま) 新約・紅桜(べにさくら)編(紅桜篇に当シリーズ本編では登場しなかったレギュラーキャラクターたちも参加させて作り直したそうです)、劇場版天元突破グレンラガン2部作(TVとは異なる展開と結末)もこれに含めます。


  2の場合

最も多いパターンですが、さらに枝分かれをしています。

2-1 本編から独立した作品(劇場版だけのオリジナルストーリー)

2-2 クロスオーバー(他作品のキャラクターとの共演)

2-3 パラレルワールド(本編とは異なる設定の作品)

2-4 本編と連動(エピソードX)あるいは、真の最終回(エピソードファイナル)


2-1というのが、劇場版で最も多いパターンです。
ケロロ軍曹シリーズが基本的にはこれに入ります。
一応、ポケットモンスターシリーズもこれに入りますが、本編とつながっているようにも見える部分がありますが、完全に独立した作品であると考えております。

*ポケモンの劇場版とTV版とでは、ポケモンについて設定に矛盾が生じるからです。

2-2といえば、東映スーパーロボット祭り(マジンガーシリーズとゲッターロボシリーズの共闘もの)、仮面ライダーシリーズ(ディケイド、俺誕生とさらば電王を除く電王シリーズ、W)、スーパー戦隊VSシリーズ(元々はビデオ作品でしたが、劇場作品でもあります)、プリキュアDXシリーズ。
作品の垣根を超えて、強大な敵に立ち向かうという王道展開です。

*ツバサ・クロニクルとXXX ホリックもこれにあたります。元々原作自体が、クロスオーバーしあっている作品でしたが、TVでは実現ができなかった作品でした。(放送局がそれぞれ異なっていたので)

2-3とは、本編とは全く違う設定でもう一度物語を作り直した作品です。
同じ人物だけれど、雰囲気が全く違ったり、新しいデザインで描かれていたりというものです。
該当するものとしては、天空のエスカフローネ(劇場版)、交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい(劇場版)、天地無用シリーズ(劇場版)、平成仮面ライダーシリーズ(555、響鬼、カブト、キバ)、マクロスフロンティア2部作。

*劇場版、新約エヴァンゲリオンもこれに含めます。総集編のようでいて、全く違う物語ですので。

2-4とは、本編の間の出来事、あるいは本編の未来(選ばれなかった方のルートも含めて)です。
テレビの方でも、劇場版との連動エピソードを入れてくるパターンが増えてきました。
該当する作品としては、スーパー戦隊シリーズ(ガオレンジャーから)、仮面ライダーシリーズ(龍騎、剣、電王、ディケイド、W)、ガンダム00。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mebiusark.blog26.fc2.com/tb.php/207-a1e57fff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
加藤夏希 : 「次はロケット団に入りたい」 「劇場版ポケットモンスター」でゲスト声優 ‎12 時間前‎ モデルで女優の加藤夏希さんが、劇場版アニメ「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影の覇者ゾロアーク」(湯山邦彦監督)のゲ...
2010/07/20(火) 00:14:51 | 1分で今すぐ読める。ニュースサイト。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。